Access実践入門 TOPへ

 ■ マイクロソフトアクセス、サンプルプログラムのダウンロード(会員処理)
解凍ツール
ダウンロードした書庫ファイルを解凍するには、解凍ツールが必要です
(LHA & Zip extractor Lhasa ver0.17 for Win32)著作権者は竹村嘉人氏です。
お持ちでない方は、こちら


サンプルプログラムのダウンロード
ここでは、フォルダを作成して、その中にダウンロードした方が使いやすいでしょう
次の手順でダウンロードしてください。

 @ Cドライブに acadd というフォルダを作っておきます
 A ダウンロードするときに フォルダ acadd の中にダウンロードする
 B マイコンピュータを開く
 C フォルダ acadd を開き、ディスクトップ上の Lhasa が見えるようにマイコンピュータのウインドを移動しておく
 D 書庫 kaiin01.lzh を Lhasa のアイコンの上にドラッグアンドドロップします
 E フォルダ acadd の中に、会員処理Pro.mdb と 会員処理Data.mdb が解凍されます

(注意)
実際のファイル名には、会員処理Pro○○.mdb、会員処理Data○○.mdbのように01〜99のバージョンの文字が付いています。
サイト内では、バージョン部分は省いていますので、読みかえてください。




●こちらから、ダウンロード
バージョン ファイル内容 圧縮ファイル名 ダウンロード実行
会員処理 Ver1.0 会員処理Pro01.mdb
会員処理Data01.mdb
kaiin.lzh ダウンロード



サンプルプログラムメニュー



サンプルプログラム入力画面


サンプルプログラムのデザインを見る
サンプルプログラムを普通に開くと、メインメニューが出てきて、入力はできますが、デザインを見ることができません。

Shift キーを押した状態で開いてください。
そうすると、データベースウインドの状態で止まり、中の情報を見ることができます。

起動時の処理は登録することができます。
データベースウインドだけが開いている状態で、上のメニューから「ツール」「起動時」を開いてみてください。



サンプルプログラムでは、上のような設定をしています。
データベースウインド、ツールバー等、すべてを表示していません。

テーブルのリンク
Cドライブに acadd というフォルダを作って、その中にサンプルプログラムを入れた場合は、必要ないですが、別のフォルダで使う場合は、データのリンクをやり直さないといけません。
今回の会員処理には、テーブルのリンクを自動でできるようにしています。
上部メニューのファイルの中からデータリンクを選んで、フォルダを指定します。

データの内容は、次のようになっています。