Access実践入門 TOPへ
 ■ マイクロソフトアクセス、日記データの入力と活用
日記データ編集

これは日記編集画面です。

文章の入力では、改行ができます。

「fo日記編集」のコントロール「本文」のプロパティを見てください

「Enterキー入力動作」が「フィールドに行を追加」になっています。これでEnterキーを押しても次の項目に行かないで、改行されます。

「スクロールバー」が「あり」になっています。これで、たくさん入力してもスクロールバーでを使って見ることが出来ます。


また、このフォームの「開く時」に次のように書いています

If Format(Me![日記日付], "aaa") = "日" Then
Me![曜日].ForeColor = 255
Else
Me![曜日].ForeColor = 0
End If

日曜日の場合は、[曜日]のプロパティの「全景色」を赤にしています


おみくじのボタンのプロパティを見てください

「ピクチャ」に自作のビットマップファイルを埋め込んでいます。
自作しなくても、いろんな絵が準備されています。

いろいろ試してみてください。

記録データ入力と検索

日記編集画面で、「記録」ボタンをクリックすると、一覧画面が出ます

その日の記録が表示されているので、「新規入力」ボタンで追加入力が出来ます。
「編集」ボタンで、編集が出来ます。


入力されている記録は、日記の一覧画面の右上に「記録検索」ボタンがあります。


検索は、年月の範囲(必須)と記録項目(任意)を設定します。
検索結果の一覧が表示されて、印刷も出来ます。

このあたりのプログラムは、過去のサンプルプログラムで、何回も出てきています。

予定の入力と参照

予定の入力は、最初の画面の右下の「予定入力」ボタンで随時行います。
年月日を指定して入力します。その時に、年月も保存しています。
それを使って、今月の予定で、一覧を表示します。

おみくじ

日記編集画面で「おみくじ」ボタンをクリックすると、おみくじ結果画面が表示されます。

「foおみくじ表示」の「開く時」に次のように書いています

----------------------------------
Dim mi As Long
Dim ma As Long

mi = DMin("おみくじcd", "taおみくじ")
ma = DMax("おみくじcd", "taおみくじ")

Me![cd] = Int((ma - mi + 1) * Rnd + mi)

Me.RecordSource = "quおみくじ表示"
----------------------------------
最大値と最小値を指定して、次のようにすると、その中で乱数を発生できます。
Int((最大値 -最小値 + 1) * Rnd + 最小値)

隠しコントロール[cd]に代入して、クエリーで検索しています。