Access実践入門 TOPへ

 ■ マイクロソフトアクセス、サンプルプログラムのダウンロード(郵便番号辞書作成プログラム)
解凍ツール
ダウンロードした書庫ファイルを解凍するには、解凍ツールが必要です
(LHA & Zip extractor Lhasa ver0.17 for Win32)著作権者は竹村嘉人氏です。
お持ちでない方は、こちら


サンプルプログラムのダウンロード
ここでは、フォルダを作成して、その中にダウンロードした方が使いやすいでしょう
次の手順でダウンロードしてください。

 @ Cドライブに acadd というフォルダを作っておきます
 A ダウンロードするときに フォルダ acadd の中にダウンロードする
 B マイコンピュータを開く
 C フォルダ acadd を開き、ディスクトップ上の Lhasa が見えるようにマイコンピュータのウインドを移動しておく
 D 書庫 yubin.lzh を Lhasa のアイコンの上にドラッグアンドドロップします
 E フォルダ acadd の中に、郵便番号辞書作成.mdb が解凍されます

●こちらから、ダウンロード
バージョン ファイル内容 圧縮ファイル名 ダウンロード実行
郵便番号辞書作成プログラムVer.1.0
2006年3月31日現在分
郵便番号辞書作成.mdb yubin.lzh
(3,398KB)
ダウンロード
このプログラムの目的

サンプルプログラム「会員処理」で紹介した郵便番号辞書を、最新の全国の郵便番号と住所を、指定した都道府県で作成できるプログラムです。
(データが多いため、サイズが少し大きめです)
市町村合併も3月で、落ち着きそうです。2006年3月31日の総務省のデータを使って作っています。

プログラムの使用方法

プログラムを起動すると次のような画面になります

ご自分の使いたい都道府県を3県まで登録できます。
全国版が必要な場合は、指定しないで、実行ボタンをクリックしてください。


そのあと、自分で作成しているデータベースの郵便番号の辞書があるmdbを開きます。
ここでは、「会員処理Data01.mdb」を開いています。
今ある「ta郵便番号」を削除してください



削除後、アクセスのメニューから、インポートを選びます。



「郵便番号辞書作成.mdb」を選択して、インポート



「ta郵便番号」を1つだけ、選んでOK


これで、先ほど作った都道府県の郵便番号辞書が使えるようになりました。