Access実践入門 TOPへ
 ■ マイクロソフトアクセス、日報集計 前伝票情報の表示
その他のバージョン2での変更

バージョン2では、

集計台帳で、明細をクリックした時に、レポートの前に画面を追加しています
画面で見る方が、見やすいです

売上、経費の日報入力では、1行ずつの登録になっています
できれば、数行まとめて入力できればいいのですが、
そうすると、作業テーブルが必要になったり、行の挿入、削除の処理等
複雑になります


そこで、バージョン2では、新規の登録後に、
次の新しい伝票の入力画面が出ますが、
前の伝票で何を入力しているかを、画面右に表示して、
どの日報までを入力しているか、解りやすくしています

さらに、日付と集計項目の選択は、前伝票をそのまま残して、
明細入力にジャンプしています
(同じ日付、同じ集計項目が続く時に便利)

前伝票表示の方法

売上日報入力、経費日報入力の登録ボタンの、「クリック時」に
次のように書いています

新規の伝票登録の時だけです
伝票の変更モードの時には、通りません

以下、fo売上入力の場合です
----------------------------------

'前伝票の内容をコピー
zenhi = Me![売上日]
zenhizuke = Me![売上日付]
zenban = Me![項目番号]
zenkou = Me![項目名]
zenna = Me![名前]
zenuri = Me![売上内容]
zenurigaku = Me![売上金額]

'フォームを閉じて、データ登録後、次のデータ入力のフォームを開く
DoCmd.Close
DoCmd.OpenForm "fo売上入力", acNormal, , , acFormAdd

'前伝票の内容を貼り付け
Form_fo売上入力![前伝票売上日] = zenhi
Form_fo売上入力![前伝票項目名] = zenkou
Form_fo売上入力![前伝票売上内容] = zenuri
Form_fo売上入力![前伝票売上金額] = zenurigaku


'日付、項目名、は連続入力しやすくするために前伝票の内容をコピー
Form_fo売上入力![売上日] = zenhi
Form_fo売上入力![売上日付] = zenhizuke
Form_fo売上入力![項目番号] = zenban
Form_fo売上入力![項目名] = zenkou
Form_fo売上入力![名前] = zenna

DoCmd.GoToControl "売上内容番号"

----------------------------------

必要な項目を変数に代入して、
登録終了後に、変数から、コントロールに値を貼り付けています

Form_fo売上入力![前伝票売上日] = zenhi としています
Me![前伝票売上日] = zenhi とすると、エラーになります

最後に、
DoCmd.GoToControl "売上内容番号"
と書いていますが、この行が無ければ、日付の入力から始めることが
できます