Access実践入門 TOPへ
 ■ 宛名ラベルの位置を指定して印刷する
宛名ラベルの空いているところに印字する
Ver3.0では、宛名ラベルの印刷を追加しています。
A4単票で12枚の宛名ラベルの好きな場所に印刷できるようにしています。

住所録の一覧表で、下の「ラベル」ボタンをクリックすると次のようなフォームが開きます。
「fo宛名印刷」


12枚のラベルのイメージです。
印刷したい場所に、印刷したい人を指定します。
全部指定した場合は、全部に印刷されます。

左上のコンボボックスの[更新後処理]に次のように書いてあります。

--------------------------------------
Me!郵便01 = "〒" & 住所録番号01.Column(4)
Me!住所01 = 住所録番号01.Column(5)
Me!氏名01 = 住所録番号01.Column(1) & " 様"
--------------------------------------
12個全てに、このような処理をしています。
コントロール名は、01〜12まであります。

「印刷」ボタンクリックで、レポート「re宛名印刷」が開きます。
DoCmd.OpenReport "re宛名印刷", acViewPreview

このレポートはレコードソースがありません。
全て、フォーム「fo宛名印刷」を見ています。

デザインは、次のようになっています。



郵便番号、住所、氏名のコントロールでフォームを参照しています
それぞれ12個、A4の用紙に合うように、用意されています。

指定した場所に印刷するもっといい方法があるかもしれませんが、この方法だと解りやすいです。
ただ、12個準備しないといけませんが・・・