Access実践入門 TOPへ
 ■ マイクロソフトアクセス、独自メニューバーの作成
2007では、組み込みツールバーを使えない

Access20003間では、メニューバーをマクロで作成できたのですが、
2007からは、その機能はありません。
このサンプルプログラムは、2007のデータ形式にしているので、アドインでの使用になります

2007では、リボンの変更になり、かなり難しい感じです

Ver1.0ではアクセスのメニューバーをそのまま使っていました。
入力者に必要ないメニューは隠したいので、独自のメニューに変えてしまいます。

マクロの「menu」を見てください。


下のアクションの引数を見てください。

[メニュー名]:メニューバーの標題になります。
[メニューマクロ名]:このメニューが選択されたときの実行マクロです。


マクロの「menu_f」を見てください。


メニューのファイルをクリックされた時のメニューの内容を登録しておきます。
[印刷]:
 アクションが[コマンドの実行]になっています。
 これは、アクセスの規定のメニューにあるコマンドを実行できます。
 レポートのプレビュー画面の時にここを選択してもらい、プリンターに出力します。

[ページ設定]:
 レポートのプレビュー画面の時にここを選択してもらい、印刷設定します。

[終了]:
 このプログラムを終了します。


独自メニューを起動するには、データベースウィンドだけが開いている状態で、
上のメニューで「オフィスボタン」「Accessのオプション」で次のように
menu を設定しておきます。





そうすることで、アドインの中に、メニューがあります



この独自メニューバーを使って、プルダウンメニューを作れば、最初に出てくるメニューフォームは必要なくなります。