Access実践入門 TOPへ

 ■ マイクロソフトアクセス、サンプルプログラムのダウンロード(日報集計プログラム)
解凍ツール
ダウンロードした書庫ファイルを解凍するには、解凍ツールが必要です
(LHA & Zip extractor Lhasa ver0.17 for Win32)著作権者は竹村嘉人氏です。
お持ちでない方は、こちら


サンプルプログラムのダウンロード
ここでは、フォルダを作成して、その中にダウンロードした方が使いやすいでしょう
次の手順でダウンロードしてください。

 @ Cドライブに acadd というフォルダを作っておきます
 A ダウンロードするときに フォルダ acadd の中にダウンロードする
 B マイコンピュータを開く
 C フォルダ acadd を開き、ディスクトップ上の Lhasa が見えるようにマイコンピュータのウインドを移動しておく
 D 書庫 npro701.lzh を Lhasa のアイコンの上にドラッグアンドドロップします
 E フォルダ acadd の中に、npro1.accdb と ndata1.accdb が解凍されます

●こちらから、ダウンロード
バージョン ファイル内容 圧縮ファイル名 ダウンロード実行
日報集計プログラムVer.1 npro1.accdb
ndata1.accdb
npro701.lzh ダウンロード
日報集計プログラムVer.2 npro2.accdb
ndata2.accdb
npro702.lzh ダウンロード

このプログラムは、日報(売上情報、経費情報)を入力することにより、
集計したい項目毎に、請求書、利益管理ができます

プロジェクト毎、得意先毎・・・・
いろんな使い方があると思います

日報に、どの仕事でどんな経費を使ったか、どんな作業をしたか、記入しておいて
その日報を見ながら、日付、集計先等のデータを入力して、
月毎、あるいはプロジェクト終了時に、売上データを入力して集計する、
請求書を発行する、といった作業が出来るようになっています

Ver.1では、とても簡単にしています。
使い方によって、いろいろ変わってくるでしょう。
機能を変更・追加して、使ってみてください

機能を追加した物を、随時バージョンアップしたいと考えています


サンプルプログラムメニュー



サンプルプログラム、集計項目の設定



サンプルプログラム、売上データの登録



サンプルプログラム、集計台帳一覧表


サンプルプログラムのデザインを見る

サンプルプログラムを普通に開くと、メインメニューが出てきて、入力はできますが、デザインを見ることができません。

Shift キーを押した状態で開いてください。
そうすると、データベースウインドの状態で止まり、中の情報を見ることができます。

サンプルプログラムは、起動時すると、リボンをカスタマイズしていますし、
データベースウインド、ツールバー等、すべてを表示していません。

テーブルのリンク
Cドライブに acadd というフォルダを作って、その中にサンプルプログラムを入れた場合は、必要ないですが、別のフォルダで使う場合は、データのリンクをやり直さないといけません。

データのリンク設定の方法は、住所録のダウンロードを参照してください


データの内容は、次のようになっています。