Access実践入門 TOPへ


 ■ マイクロソフトアクセスのプログラミングについて
プログラムとデータのaccdbを分けて作る理由
最近は、ネットワークで繋がって、データを別のパソコンに置く場合が多いので、
そのためには、データとプログラムは別にしておいたほうが便利です。
また、プログラムの修正中でも古いプログラムで入力できますし、プログラムの差し替えも簡単です。
名称についての注意点
フォーム、フォームの中のフィールド、クエリー等の名前に全角カタカナ、全角英文字等、日本語特有の全角と半角の両方に存在する文字を使わないようにしましょう。
アルファベットなら、漢字モードを使用しないで、CAPSをはずした小文字で。
数字は、半角で。
全角文字の場合は、カタカナ、英字以外の漢字とひらがなのみで。
Accessのバージョンアップの時に、モジュールでうまく変換できなかったり、フォントによって開発中に全角なのか半角なのか解りにくかったりします。

たとえば、
「住所録コード」ではなく、「住所録番号」に
「フリガナ」ではなく、「ふりがな」に
ただし、入力画面に表示されるラベルの名称は「フリガナ」の方が解りやすいでしょうし、使用しても問題ありません。
サンプルプログラムでも、その使い分けをしています。

作成したテーブル等の名称には、先頭にその種類がわかるな文字を付けておきましょう。
その方が、後々便利です。
ここでは次のように決めています。
テーブル:ta○○
クエリー:qu○○
フォーム:fo○○
レポート:re○○
マクロ:ma○○