Access実践入門 TOPへ


 ■ マイクロソフトアクセス、新規にプログラムを作る手順
@フォルダの作成
プログラムのaccdbとデータのaccdbを入れるフォルダを作りましょう。

Aスタートキットのダウンロード
スタートキットをダウンロードしてください
(プログラムとデータがあります)

ダウンロードは→ こちら

プログラムとデータのaccdbの名前を好きな名前に変更します

  Bデータの作成
データのテーブルを追加、変更してデータのaccdbを完成させます
リレーションシップを設定します
テーブルのリンクを張り直します

Cプログラムの作成

プログラムのaccdbを変更、追加して完成させます

ここで、コピーして使う時の「小技集」に目を通しておいてください

スタートキットの使える部分を手直ししながら、コピーしていきます

帳票型のフォームがある場合には、サンプルの帳票フォームのどれかの名前を変更しましょう

フォームの内容をデザイン画面を開けて、で変更します
[コントロールソース]を変更。
[標題]を変更。
各コントロールの、[名前]、[コントロールソース]を変更。
各ラベルの[標題]を変更。
マクロを使っている場合は、マクロ名を変更。
プロシージャを使っている場合は、コードの中の項目名を変更。

できたら、フォームを開いて、データを入力してみましょう。
エラーが出たら、その部分を修正して、また入力してみます。
フォームの項目や、標題を確認しながら入力して、問題なければ、帳票型フォームの完成です。



単票型のフォームを作りましょう。
まず、入力に必要な選択クエリーを作ります。
一覧表フォーム、単票の入力フォーム、マクロの名前を統一した名前に変更しましょう。
デザイン画面で、各項目を変更します。
ある程度変更できたら、一覧表を開いて、新規登録、編集、といろいろ入力して試してみましょう。エラーを修正しながら完成させてください。


同じように、レポートも名前を変えて、内容を変更して作りましょう。


モジュールは、別のサンプルプログラムから使えそうな部分をコピーしてください

Public Function ○○() の行から End Function までをコピーして、

入力モードを宣言している部分の下に貼り付ければ使えます


不要なクエリー、フォーム等は削除しましょう。

このような手順で作れば、早くプログラムが作成できます。

自分がプログラムを作る時に使う、基本になる、フォーム、レポートを作ってしまえば、あとはコピーして、内容を変更するだけです。
自分のお気に入りのコントロールの色、形をデザインした基本になるフォーム、レポートを作りましょう。それが自分の財産になります。
プログラムを作っていく中で、新しく作ったフォーム、処理方法等は、今後同じような状況で使えるものですから、自分なりのプロクラミングのスタイルを確立していってください。

フォーム、レポートにはウィザードがあって、Accessが勝手に作ってくれる機能がありますが、作られたフォームは、レコードセレクター、移動ボタン等が、むき出しになってます。
このフォームを、Accessを全然知らない人が適当に入力した場合でも、データの整合性を守り、エラーチェックを施したフォームにするには、かなりの作業を必要とします。

ウィザードに頼らず、自作のフォームをコピーして新しく作る方が、はるかに効率的です。